So-net無料ブログ作成
もう一度君に、プロポーズ あらすじ 第6話 ブログトップ

もう一度君に、プロポーズ あらすじ 第6話 [もう一度君に、プロポーズ あらすじ 第6話]

もう一度君に、プロポーズ 引き続きご覧になってますか?
視聴率の方は、第5話が9.0%でしたね。

少し数字が上がりましたがまだまだ一桁です^^;
早く二ケタ台に乗せて、12%を超える数字になって欲しいですね^^

次回、5月25日放送分・第6話のあらすじと視聴率の推移を
後半で紹介してますので、是非ご覧下さい!



『主題歌:ただいま/JUJU (初回生産限定盤)(DVD付)』





☆【視聴率の推移】☆

  第1話: 8.8%
  第2話: 8.3%
  第3話: 8.3%
  第4話: 8.3%
  第5話: 9.0%



【あらすじ】

5月25日放送分(第6話)

可南子(和久井映見)は図書館館長の大橋(杉本哲太)から、
波留(竹野内豊)が大切にしていたはと時計を直すため、
かつて自分が懸命になっていたと聞く。

一方、可南子を診察した心療内科医・日下部(阿南敦子)から
話を聞いた母親の万里子(真野響子)は、
波留を訪ねて可南子に縛られずに自分の未来を考えてと伝える。

そんな中、行きつけの店の店主・三田(三浦力)が結婚することになり、
波留と可南子は結婚式に招待される。



http://www.tbs.co.jp/propose2012/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
もう一度君に、プロポーズ あらすじ 第6話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。