So-net無料ブログ作成
鍵のかかった部屋 嵐 第6話 ブログトップ

鍵のかかった部屋 嵐 第6話 [鍵のかかった部屋 嵐 第6話]

鍵のかかった部屋 続けてご覧になってますか?
視聴率の方は、第5話が15.6%と安定して良い数字を出してますね^^
後半に入りますので20%台も期待出来そうですね。

次回、5月21日放送分・第6話のあらすじと視聴率の推移を
後半で紹介してますので、是非ご覧下さい!



『主題歌:嵐 Face Down(CD+DVD)【初回限定盤】』





☆【視聴率の推移】☆

  第1話:18.3%
  第2話:16.5%
  第3話:14.4%
  第4話:15.5%
  第5話:15.6%


【あらすじ】

5月21日放送分(第6話)

純子(戸田恵梨香)は、芹沢(佐藤浩市)の秘書・里奈(能年玲奈)から
出演する演劇に招待され、榎本(大野智)を誘う。

終演後、劇団員の薬師寺(山中聡)が楽屋で遺体で見つかる。
役者は出続けていたため、楽屋に行けたのは脚本家の鬼塚(坂本昌行)、
演出家の奈緒(堀内敬子)、里奈の恋人・井岡(桐山照史)の3人だけだ。

しかし、逃げるには人がいたロビーを通るか、
観客が見詰める舞台を横切るしか方法がなく、現場はある種の密室状態だった。


http://www.fujitv.co.jp/kagi/index.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
鍵のかかった部屋 嵐 第6話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。