So-net無料ブログ作成
鍵のかかった部屋 感想 第3話 ブログトップ

鍵のかかった部屋 感想 第3話 [鍵のかかった部屋 感想 第3話]

鍵のかかった部屋 引き続き見てますか?
視聴率の方は第1話が18.3%、第2話が16.5と好スタートを切りましたね。

次回、4月30日放送分・第3話のあらすじと視聴率の推移を
後半で紹介してますので、是非ご覧下さい!



『主題歌:【予約】5/9発売!!【初回限定盤】嵐 Face Down(CD+DVD)』






☆【視聴率の推移】☆

  第1話:18.3%
  第2話:16.5%




【あらすじ】

4月30日放送分(第3話)

芹沢(佐藤浩市)のクライアントである棋士・竹脇(ゆうぞう)が
ホテルの客室で殺された。

芹沢は、守秘義務を理由に死の直前に竹脇と交わした通話内容を黙秘すると、
刑事の鴻野(宇梶剛士)に容疑者扱いされたため、榎本(大野智)に助けを求める。

竹脇が殺されていた客室は密室で、ドアにはチェーンも掛けられていた。
榎本と純子(戸田恵梨香)は、竹脇の恋人で女流棋士の奈穂子(相武紗季)や、
竹脇と対局予定だった中野(忍成修吾)に話を聞く。



http://www.fujitv.co.jp/kagi/index.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
鍵のかかった部屋 感想 第3話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。